見た目年齢を若く|分泌される汗が臭うならワキガの可能性大|臭いを無くす治療
婦人

分泌される汗が臭うならワキガの可能性大|臭いを無くす治療

見た目年齢を若く

水着の女性

年齢による悩み

年齢を感じさせてしまうたるみによるしわに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。たるみによるしわが深くなってしまう原因は主に三つあります。一つ目は真皮層の主に保湿の機能を担っているコラーゲンとエラスチンの減少です。日常で浴びる紫外線がコラーゲンとエラスチンを変性させてしまい、肌のハリを保つ水分量が減ってしまうためしわの原因となってしまいます。二つ目は皮下脂肪が増加です。日常で顔の筋肉を動かす機会はあまり多くなく、年齢とともに新陳代謝も落ちていくため、皮下脂肪が増えていきます。その皮下脂肪が重力で垂れ下がることが、たるみによるしわにつながってしまいます。三つ目は顔の筋力低下です。皮下脂肪が増加するほど顔の筋力は低下していきます。顔の筋力は表情をつくるための表情筋と、表情筋と骨の間にあって表情筋を下支えする深層筋に分かれています。深層筋は、表情筋に栄養を運び、老廃物を受け取る働きをしています。深層筋がきちんと活動していなければ、表情筋もまた老廃物を溜めてしまい衰えてしまうのです。

対策と改善

たるみやしわにならないために気を付けたい習慣を紹介します。まず、横向きに寝ることです。横向きの姿勢は、首、あご、肩、肋骨などにストレスがかかるため顔のたるみにも悪影響が出てしまいます。また、熱いシャワーを直接顔にかけるのもよくありません。直接シャワーを顔にあてると、肌を保湿する角質が剥がれてしまいます。さらに皮脂も落としすぎてしまい、肌が乾燥しやすくなり水分が蒸発してしまうため、たるみなどの原因となってしまいます。他にも頬杖をつく仕草など、肌に大きく負担をかけてしまう動作はシワやたるみの原因になってしまうので気を付けましょう。シワやたるみの改善には、コラーゲンとエラスチンを守ることが大切です。紫外線対策として、季節を問わず外出時には日焼け止めを使用しましょう。また、エクササイズやマッサージも有効です。皮下脂肪の増加と筋力低下を防ぐために、普段から意識的に顔の筋肉を動かすことを心がけましょう。すぐに改善したいという方は、クリニックでの治療という方法もあります。クリニックではリフトアップや、近赤外線を当ててコラーゲンを収縮させるなど、しわやたるみに効果的な施術を受けることができます。